×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目に悪影響のあるブルーライトをカットする液晶保護フィルム

日常生活で液晶ディスプレイを眺める時間が多い現代人に、眼の疲れや目の乾きなどが気になる人が増えています。
その原因として、LED液晶ディスプレイが発する「ブルーライト」が眼に悪影響を与えているという指摘があります。

ブルーライトは自然光にも含まれ、色を表現するために欠かせない要素ですが、可視光線の中で最も強く、直進するエネルギーを持つため、目の角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、網膜の機能低下を引き起こす場合があると言われています。
ブルーライトに長時間さらされると瞳孔を収縮させる毛様体筋を刺激するため眼精疲労やドライアイを引き起こしたり、睡眠を促すメラトニンの分泌を抑制するため、体内時計がずれてしまうといった症状を引き起こす恐れもあります。

その「ブルーライト」を大幅にカットしてくれる液晶保護フィルムというものが発売されています。

ディスプレイを見続ける機会が多い現代人のために開発された液晶保護フィルムで、画面のギラつきを抑制する「反射率」を抑えたり、目や体に有害な紫外線をしっかりと遮断したり、目への負担を軽減してくれるなど、あらゆる角度から目を保護することにこだわったフィルムに仕上がっているようです。

もちろん、ブルーライトを効率的にカットするだけでなく、液晶ディスプレイのもつ本来の色調を極力変えずに自然に見えるように設計されているそうなので、動画などのコンテンツも違和感なく楽しむことができます。
また、より美しい画質を演出する「透過率92%」の高透過率を実現しています。
表面の硬度が高いのでフィルター表面のキズを徹底的にガードできるほか、柔らかな接着シリコン層を採用されているので、気泡が目立たず、きれいに貼り付けることが可能だそうです。貼り直しができる自己吸着タイプで、きれいに貼れる専用ヘラが付属するほか、台紙裏面の方眼台紙を利用して、ジャストサイズにカットすることも可能です。
幅広い画面サイズに対応できるように、20サイズをから選べるのも嬉しいですね。

今後、液晶ディスプレイに向き合う時間は増えていくことは間違いありません。パソコン専用メガネや液晶保護フィルムなど何らかの対策を検討した方が良いことは言うまでもありません。





現役の眼科医が、長年の臨床経験に基づいて考案した視力を回復させるプログラムです!

レーシック手術に抵抗感がある方は、ぜひ試してみて下さい。