×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リスクなしで視力回復!

近年は、視力回復の方法として、「レーシック手術」を選択する人も少なくありません。しかし、ネット上には、「やって良かった!」と言う声をたくさん目にする一方で、 後遺症で苦しんでいるといった内容の書き込みも数多くあるのも事実です。
こういったリスク情報を目にするとレーシック手術に踏み切れないでいる人も多いのではないでしょうか。 どんな手術であれ、後遺症などのリスクはゼロではありませんし、場所が場所だけに慎重になって当然だと思います。


では、そういった慎重派の方々は、視力回復をあきらめるしかないのでしょうか?
いえ、リスクなしで視力回復の方法はあるのです。その一つが、現役の眼科医が長年の臨床経験に基づいて開発した「アイサプリ」なのです。
この「アイサプリ」の特徴は、脳を活性化させるトレーニングしながら視力回復させるところにあります。しかも、毎日5分間かんたんなゲームをするだけです。
ですから、本気で視力を回復したいという気持ち(=継続力)がある方なら、誰でも視力回復の道が開かれるのです。

なぜ、視力回復に脳のトレーニングが必要なのか?

それは、目と脳の2つの能力が合わさって視力になるからです。
「見る」という行為は、目という入力器官を通じて脳が情報を処理しているのです。少しだけ細かく説明すると、視覚は、光を介して物の形を認知しています。 視細胞という光を受容する細胞に光があたれば興奮し、あたっていなければ抑制され、こういった情報が神経細胞を通して脳の視覚野で処理され、見ているのです。
つまり脳と目は一体となって、機能しているのです。いわば、目は「脳の一部」であり、「脳の出先機関」と言えるのです。
したがって、脳が疲れると視力は低下してしまうのです。 ですから、単純に目だけを鍛えても視力は回復と結び付かないことが多いのはそのためです。 そして、視力低下を感じておられる多くの方が、目の疲れではなく、脳の疲れが原因と考えられているのです。

ゲームをしたら、目が余計悪くなる?

いえ、そんなことはありません。目は使えば使うほど良くなるのです!
但し、間違った目の使い方では意味がありません。視力低下に悩む方の中には、間違った目の使い方をしている方が多いのです。 結果的に目を酷使することになり、疲れが溜まり、目の筋肉がうまく働かなくなって、焦点がぼやけてしまいます。マッサージなどで目の疲れをとっても、一時的な効果に過ぎず、また、疲れが溜まるといった悪循環に陥ってしまうのです。
その点、「アイサプリ」なら、ゲームを通して正しい目の使い方を身につけながら、視力を鍛えることができるように作られているのです。

右脳が活性化されて一石二鳥?!

このように「アイサプリ」には、手術とは異なりリスクは一切ありません。リスクがないどころか、脳を活性化させることで、様々な能力アップが期待できるのです。
本来、脳は全体の約3%しか使われていないとされていますが、ゲームをするだけで、この眠っている脳を活性化させるのが「アイサプリ」なのです。


もし、レーシック手術のリスクが心配で、視力回復をあきらめているのであれば、ぜひ「アイサプリ」を試してみて下さい。そうすれば、人生を変えてしまうほどの大きな変化をもたらしてくれるかも知れません。



年間2万人の患者を診察する現役の眼科医が開発!
視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」の詳細を見る!






現役の眼科医が長年の臨床経験によって開発した視力回復プログラムです。
毎日5分間、ゲームをするだけで視力が回復する画期的なトレーニング方法です。
右脳を活性化させるので、視力と同時に遠近感や動体視力など様々な能力アップが期待できます!

もう、レーシック手術の後遺症のリスクや高額な料金について悩む必要はありません!

公式ホームページには、成功体験談も数多く掲載されており、今まで視力回復トレーニングで挫折したという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。



年間2万人の患者を診察する現役の眼科医が開発!
視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」の詳細を見る!


現役の眼科医が開発!アイサプリ
詳しくはこちら!