×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブルーライトは、「体内時計」のメカニズムへの影響を与えます。

インターネットや携帯電話のインフラ整備が整ったことに加え、ここに来てスマートフォンが爆発的に普及する現代は、まさに目を酷使する環境の中で生活していると言えるでしょう。慢性的な眼精疲労を訴える人も少なくないはずです。
パソコンの普及し始めた頃、「ドライアイと目の疲れ」について言及するニュースをよく目にしましたが、最近になって新たな疲れ目の原因として「ブルーライト」が注目されています。

ブルーライトとは、文字通り液晶画面などから発する「青い光」ことです。ブルーライトは、目に見える光の中で波長が最も短く、エネルギーが強いため、ほかの色の光よりも目に対する負担が大きく、長い時間見ると網膜に炎症が起きるなどのおそれがあるということです。

このブルーライトは、ブラウン管に比べ、液晶モニターの方が多く発していることから、テレビやパソコン、スマートフォンの端末の多くが液晶画面であること考えると、現代人はブルーライトを浴びる量が増えていることになります。

特に懸念されているのは、「体内時計」のメカニズムへの影響です。
この光によって脳が夜を昼間と勘違いして、睡眠時に分泌されるメラトニンが抑制されてしまうというのです。睡眠不足が続いてメラトニンが不足すると、気分のムラや不安感が激しくなり、一日を快適に過ごしにくくなるそうです。

最近では、こうした眼への負担を軽減するメガネレンズを採用した、ブルーライトをカットしてくれる、パソコン専用メガネが大手メガネメーカーなどから発売されています。
レンズに特殊なコーティングをすることでブルーライトをカットするのですが、メーカーによっては、無色に近いレンズのタイプも発売されているので、オフィスでも抵抗なく使用できるかもしれません。

また、メガネをしたことがない人にとって、フレーム自体の重さが気になるところですが、軽量のフレームを使用しているので軽くて疲れを感じにくいそうで、利用者の中には、「パソコン使用時だけでなく、普段から使用している」と言った声も聞かれるそうです。

ブルーライトについては、まだ研究が始まったばかりかもしれませんが、健康に影響を及ぼすおそれが指摘されている以上、VDT作業に従事しなければならない人は、ブルーライトをカットするフィルムやパソコン専用メガネなど、何らかの対策を検討したほうが良いでしょう。




現役の眼科医が考案した目と脳の関係性に着目した視力回復プログラムです!

レーシック手術に抵抗感がある方は、ぜひ試してみて下さい。