×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンタクトレンズの危険性

最近では、ファッション性の面で優れ、手軽に雰囲気を変える事ができることもあって、コンタクトレンズを使う人が増えています。
しかも、ファッション感覚で安易に使用する人も少なくなく、こうなると視力矯正の医療器具というより、ファッションアクセサリーの一つとして捉えている人も多いのかもしれません。

しかし、このコンタクトレンズは、実は多くの弊害があることが分かっています。
手軽だと思われているコンタクトレンズですが、きちんと使用しないと、最悪の場合、失明する可能性さえある危険なものなのです。

トラブルの主な原因として多くなっているのは、

・寝ている間も装着している
・使い捨てなのに期限を過ぎても使い続けている
・きちんと手入れをしていない
・壊れたり、傷がついているのに使い続けている
・定期的に医師の診察を受けていない

などです。どれも「面倒」を理由に怠ってしまいがちなことばかりです。しかし、本来やるべきことを手を抜いたばかりに目に細菌が繁殖する事態を招いてしまうのです。
特にソフトレンズの場合、目に入れていても違和感が少ないことから、目に異変が発生していてもなかなか自覚しずらく、気付いたときには手遅れということもありますので注意が必要です。

コンタクトをしていて、黒目のまわりが充血したり、目に異物感を感じたり、物が見えにくいなどの症状は、よくあることで、結膜炎などの病気の可能性が疑われますが、この症状が続き、目の強い痛みで涙が止まらなくなってくると、早めに眼科へ行くことをお勧めします。こうなると、角膜に炎症が起きている可能性があり、そのまま放置しておくと、最悪の場合は失明してしまうこともあるのです。そもそも角膜は、細菌に対する抵抗力(免疫力)が弱いのだそうです。
そんな抵抗力の弱い角膜の上に、コンタクトを装用したまま不潔な状態でいると、細菌などが繁殖し、眼に炎症を起こすのは当たり前なのです。

しかし、きちんとした使用法と、正しいレンズケアをしていれば、多くのコンタクトレンズのトラブルは避けられるはずです。




現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!

レーシック手術に抵抗感がある方は、ぜひ試してみて下さい。