×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チラつきが少ない照明を選んで目の負担を軽減

照明のチラつきは、目が疲れやすくなると言われています。

特にオフィス用のデスクや勉強机に置くデスク照明のチラつきは、目に疲労を与えて、仕事や勉強が捗らない一因に成りかねません。

そこで、各家電メーカーでは、チラつきを極力抑えたデスク照明を発売しています。

一般の蛍光灯や白熱灯は、交流電源の影響で光のチラツキが生じそうですが、電源を安定した直流点灯方式にすることで、チラつきを小さくなるように工夫されています。
もし、購入を検討する場合、電源の方式をチェックしてみて下さい。

他にも、パソコンのディスプレイ画面への照明の映り込みも、目に負担をかける要因です。メーカーによっては、電球を偏光フィルターで覆うことで、映り込みを減らす工夫がなされたものもあります。

また、室内の照明など環境光と手元の照明に差があり過ぎると、目にとても負担がかかるそうです。周囲の明るさと連動させるための、細かい調光機能が備わっているものやデスクスタンドのアームの可動性の良いものを選びましょう。 可動性が優れたスタンド照明は、デスク上での明るさのバランスを調節しやすくれます。

こういった商品は、まだ市場が形成されていないので、価格の方は普通のスタンド照明と比べてまだ高めですが、目の疲れが少しでも軽減できるなら、購入を検討してみるの良いかもしれません。




視力回復に必要な筋力をトレーニング!ニンテンドーDS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士の視力回プログラムです。
レーシック手術に抵抗感がある方は、ぜひ試してみて下さい。