×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

視力低下の原因

視力が低下する理由は、一様ではありませんが、その一つに疲労があります。
現代社会は、スマートフォンやパソコンなどデジタル機器が溢れており、仕事でもプライベートでも、目に負担がかかる環境の中で生活しています。そして、これらのモノが目への負担を大きくして、視力を低下を招く原因になっていることは言うまでもありません。

目は、遠くを見るときは、水晶体の厚みを調整している毛様体筋という筋肉は伸びた状態にあるのですが、近くを見るには毛様体筋を緊張させることで水晶体の厚くして、ピントを合わせています。
ですから、近くのモノばかりを長時間見続けていると、毛様体筋は緊張し続けなければならず、目に疲労が感じるようになるわけです。

この状態を長時間続けると、遠くを見ても、毛様体筋が凝り固まったようになり、元の弛緩した状態に戻どりづらくなってしまいます。つまり、遠くを見ても、水晶体の厚みをうまく調整できない状態なので、ピントが合わすことができず、遠くがぼやける状態になってしまうのです。 この状態を一般的に「近視」と言います。

このように、視力低下の主な原因は、「近くのものを見続ける」ことにあります。読書やパソコン、ゲーム自体が目に悪いのではなく、長時間に渡って、読書などで近くばかり見続けて、毛様体筋を緊張しっぱなしにするのが原因なのです。
読書やゲーム、パソコンで目に負担をかけたとしても、1時間ごとに目を休めたり、遠くを見て毛様体筋をリラックスさせたり、目の周りをマッサージや温めてやることで血行を良くしてやるだけで、目の疲れは軽減し、視力低下の予防につながります。

目の疲れは、疲れを覚えたときに、その場でケアをして、持ち越さないことが大切です。
一時的な視力の低下であれば、早期にトレーニングを行えば、視力回復の効果が期待できますが、目のケアを怠り、そのまま放置してしまうと、真正近視になり視力の回復は困難になってしまうのです。




現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!

レーシック手術に気乗りがしない方は、ぜひ試してみて下さい。