×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシック手術に抵抗がある人は「オサート」で視力回復!

今では、日本でもレーシック手術がかなり普及してきましたが、まだまだ抵抗感がある人も多いと思います。
手術のようなリスクの心配のない視力矯正法として「オサート」が注目されています。

「オサート」とは、特殊なコンタクトレンズを就寝中に装用する「オルソケラトロジー」を進化させた視力矯正法です。 オサートもオルソケラトロジーも、夜間に専用コンタクトレンズを装用することで、角膜表面の形状が凹レンズ型に型付けされるので、レンズを外しても、一定時間は角膜に型付けされた凹レンズ形状を維持するので、日中は十分な裸眼視力を得られるわけです。

この2つの違いは、オルソケラトロジーが、一回のレンズデザインで治療するため、対象者が「軽度の近視」のみに限られるという限界があったのに対し、オサートは、一人ひとりの角膜形状に合わせて精密にデザインされた「専用コンタクトレンズ」を装用するので、中度近視や強度近視、レーザー手術が適さない円錐角膜、レーザー手術後に出現した再近視化や角膜移植後の不整乱視など、あらゆる角膜形状に対応可能としている点にあります。

このようにオサートは、一人ひとりにレンズデザインを段階的に分けてステップアップしていくので、強度近視であっても徐々に矯正され、最終的には1.5程度まで裸眼視力の改善が見込まれるそうです。
ただし、強いアレルギーを持っている人や、ひどいドライアイの人などには向かないということがあるそうです。

もちろん、レーシック手術とは異なり、角膜にレーザーを入れ、屈折力を調整するわけではありませんので、使用を中止すれば元の視力に戻ってしまいますし、視力が安定しにくいというデメリットもあります。
それに、コンタクトレンズを着けたままな就寝するわけですから、通常のコンタクトレンズ同様、角膜に傷がつく可能性があったり、眼の炎症を起こす可能性のあることは留意しておきましょう。

また、オサート治療の費用は、保険の適用がないそうです。専用のコンタクトレンズをオーダーメイドすることもあり、両眼で40万円、片眼でも27万円程度かかります。

レーシック手術は、一度の手術で視力が飛躍的に回復が見込めますが、オサートは長い期間コンタクトを装着して矯正していかなければなりません。
一方で、レーシック手術ではレーザーで角膜を削ってしまうので、やり直しは出来ませんし、合併症などのリスクも考えなければなりません。 リスクと費用、そして手間などを考慮して、自分にあった治療法を探してみて下さい。




ニンテンドーDS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士の視力回復法です。全額返金保証付きだから安心です!

レーシック手術に抵抗感がある方は、ぜひ試してみて下さい。