×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ジニアスEye」と「アイサプリ」の共通点

「アイサプリ」は、現役眼科医の本部千博氏が、「ジニアスEye」は、能力開発の専門家の川村明宏氏が開発した視力回復プログラムです。どちらも、ゲームを楽しむ感覚で視力が回復するのが特徴です。
そして、どちらのトレーニングも「右脳を活性化」させるという共通点があります。


視力と脳には深い関係があります。いくら、目から入った情報を網膜上に正しく映し出していても、脳が正常に機能しなければ「見えない」状態になるのです。
ですから、「視力をアップ」するうえで、脳の持つ見る能力をトレーニングは非常に重要になるのです。


そして、ゲーム感覚で楽しみながら視力回復を目指せることも共通しています。
ゲームで目を素早く動かすトレーニングをすることで、外眼筋を鍛えることができます。
視力低下の原因の多くは、目の周りの筋肉を適切に動かすことができなくなっていることにあります。筋肉が正しく動いていないのですから、目が正常に機能しないのは当たり前と言えます。
ジニアスEyeとアイサプリは、視力回復に必要な筋肉を鍛えるトレーニングなのです。


もう一つ、ジニアスEyeとアイサプリには、共通点があります。
それは、1日に数分のトレーニングでよいと言うことです。
こういったトレーニングで挫折してしまう人の多くは、忙しくて徐々に時間が割くことができなくなってしまうことを理由に挙げられますが、1日数分のトレーニングなら継続的に行いやすいですね。



「ジニアスEye」や「アイサプリ」以外の自宅でできる視力回復トレーニングも紹介しています!
このホームページでは、自宅で気軽にできる視力回復のトレーニングについても紹介しています。また、視力低下の予防や目の病気などについても解説してありますので、皆さまの目の健康に少しでも役立てれば幸いです。